--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.11.22 (Tue)

時にはつぶやき、特に意味はありません。

たまにはつぶやいてみよ。



マーコンが終わりそろそろアンコンの季節到来ですね。

すでに地区予選が始まっているところもありますし、

早いところでは12月10日には県代表が決まるところもあります。

吹奏楽コンクールもそうですが、アンコンも各支部、各都道府県によって

いろんな開催形態があるのですね。


このあたりの開催形態は

地区予選-県大会-支部大会ー全国大会

という流れになっており、

(今のところ)地区予選には一校(一団体)から何チームエントリーしてもいいことになっています。

経験重視で何でもかんでもガッサーと全チーム出してくる学校もあれば、

校内でオーディションをして(一定のレベル以上、あるいは何チームのみと決めて)エントリーする学校もあります。


ちなみに過去記事にあるように、私の母校はいちお校内オーディションなるものを設けています。

一定のレベル以上といっても明確な基準があるわけではありません。

1. 金賞が狙えるチーム、当確。

2. 銀賞になりそうなチーム、ポテンシャルと”練習態度”により審査。

3. 銅賞になりそうなチーム、落選。

って感じですかね。

まぁ、でも”だいたい”1と2のチームは出られることが多いです。


スケジュールやリソースの都合で、地区大会なし、チーム数を制限して県大会から

なんてところもあるんですね。

同じ校内オーディションでもかなり意味がちがいますよね。

まさに死活をかけた。という。



気軽に「校内オーディション」と書かないほうがいいかな。

と思ったもので。

そんな学校にくらべたら、うちは「校内発表会」レベルですね。



いや、でも本人達はいたって真剣なんですよ。

たまにニヤけてる子いるけど、きっと真剣だ!!   っと思う


吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
00:04  |  部活動  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。