--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.09.23 (Thu)

今週の部活動にっき20100923

本日の練習メニューは、

午前:個人、パート練
午後:合奏

パート練では、アンコンの曲を練習しているところもありました。

金管は今年は2チームエントリする予定。
どちらがA(エース)チームというわけではなく、なるべく等分に分けたということです。

ま、パートリーダが多いほうを仮にAチームとしますと、
Aチームは金8グレード3の曲をやります。
Bチームは金7グレード4の曲をやります。(金8にするかもしれないけれど)

Aチームはざっくり最後まで通るレベル
Bチームは約半分というところでしょうか。

昨年はまだ楽譜も配ってなかったし、2チームのうち1チームは結局エントリしなかったのですが、
今年は2チーム共金賞が目標みたいです。
ま~そう簡単にはいかんけどね・・・。


合奏前に、ロングトーンを聴いていて気になった点(音のリリースについて)伝えておきました。
1年生はともかく、2年生にはいいかげん音の形に気を配ってほしいものです・・・

言われたらできるのに、言われないとすぐやらなくなる。
中学生には根気よく何度も言ってあげないといけないのよね。



ところで、
音とり練習のために自分用キーボードを買おうと思ってます。
買って生徒も使えるように学校においておこうかと。

もちろん学校にもあるのですが、もっと手軽にもち歩けるものでいいかなと思ってます。
今候補に挙がっているのは

CASIO 電子キーボード32ミニミニ鍵盤 GZ-5

CASIO 電子キーボード32ミニ鍵盤 SA-46

CASIO 電子キーボード49鍵盤 CTK-240

それぞれいいところがあって、ちょっと悩んでます。
GZ-5は、MIDI端子は付いているが、低い音がでない(MIDI出力時のみオクターブ調整可能)そもそもMIDI入力用キーボードという位置づけだからな。
SA-46は、MIDI端子がなく、音色を低音ブラスにすれば低い音がでるが、スピーカの出力がちょっと小さい。
CTK-240は、MIDI端子がなく、音色を低音ブラスにすれば低い音がでるし、スピーカの出力が大きい。でもサイズも大きい。

MIDI端子は今すぐ使うというわけではないのですが、将来的には・・・ということです。
やっぱ、SA-46かCTK-240かな?



吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
21:41  |  部活動  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。