--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.09.06 (Mon)

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より (P.マスカーニ)


2007年の全日本吹奏楽コンクール、埼玉栄高校の名演奏で一躍人気になった曲です。

宍倉晃氏のアレンジと埼玉栄の華々しいサウンドがマッチして感動的な演奏でした。

2010年には旭川商業の豊潤な演奏により、さらに人気が高まったような気がします。

ちなみにカヴァレリアひとくくりで考えると、

2003年尼崎市吹奏楽団

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より プレリュード(マスカーニ/木村吉宏)

が全国初演となりますが、これは完全に前奏曲のみ。

昨今人気のいわゆる「宍倉アレンジ」はセレクションです。


この記事を書き直す前(旧記事)に、他にアレンジが出てくるかも?と書いたのですが、

いくつか出てきたようです。また、それ以前にも存在していたようです。

現在私が知ってるのは以下

山本教生 編曲 カヴァレリア ルスティカーナ 幻想曲  アコード出版(小編成)

宍倉晃 編曲 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より ブレーン/レンタル楽譜

樽屋雅徳 編曲 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より フォスター/レンタル楽譜(中編成)

高世聡一郎 編曲 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より(原典版) 響和音楽出版


山本アレンジ版は聞いたことがないのですが、

他のアレンジはすべて

・前奏曲 ( PRELUDIO )
・ばんざい泡立つぶどう酒 ( VIVA IL VINO SPUMEGGIANTE )
・ほむべきかな,主は死にたまわず ( INNEGGIAMO, IL SIGNOR NON E MORTO )

からの抜粋(抜粋する場所は微妙に異なりますが)ですね。

個人的にはやはり宍倉版が好きかなぁ。

樽屋版はすこしクセがあるので、樽屋ワールドの好きな方にはオススメです。


カヴァレリアはやはり「間奏曲」が世界的に有名ですので、

こちらもぜひ一度聞いておいてほしいですね。


おすすめ!!

カヴァレリアの舞台となった、イタリアのヴィッツィーニ(VIZZINI)でのロケ映像が見れます。
NHK 名曲アルバム 100選 イタリア編II 「四季」から春 [DVD]

カヴァレリアのオペラをやさしく解読。あらすじだけでは分からない物語の本質を理解すればアナリーゼにも役立つと思います。
イタリアオペラを原語で読む カヴァレリア・ルスティカーナ


Cavalleria Rusticana Selections from the Opera 伊奈学園






オケ版 カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲


カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲 (古いレコード音源のようです。素晴らしい!)




[ 関連記事 ]
自由曲選曲の統計(2005~2007)


吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
19:53  |  mp3と動画  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。