--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.09.26 (Sun)

今週の部活動にっき20100926

今週末は、いろいろとあったので、

あまり部活動には行けなかったのですが、

個人練と合奏を少しだけ聴いたり、生徒と話としてみて、

いろんなことがゼロになってしまっているように感じました。


一番の問題は、自分たちがほとんど吹けていない、聴けていない

ということに”あまり”気づいてないことです。


音の形やアティクレーションなど、見本演奏(たいした見本ではないですが)を

交えて説明してもいまいちピンときていない。

音を聞き分ける能力がまだ低いのです。


2年生がこの状態なのは少しショックなのですが、

(1曲仕上げてもその技術を他の曲に応用できないのはこのせいでしょうか。)

ま、また、ひとつずつ積み上げていくしかありませんね。

ん~やることがさらに増えたーー!


OBの中には合奏をみれる人間が数人いるので、

全体合奏ばかりでなく、分奏(パート奏含む)をもっとやったほうがいい

かもしれませんな。


そうそう、
音とり練習のためのキーボード

CASIO 電子キーボード32ミニ鍵盤 SA-46

ってやつにしました。

小さくて、軽くて、そこそこ(*1)音もでる。

442Hzのチューニングはできませんが、

440Hzからセント単位で(*2)セットできるので、なんとか使えます。

電源ONOFF毎にセットしないといけないのは難点ですがね。


(*1)金管だと1~3人ぐらいの練習ならなんとか。それ以上だとアンプとかラジカセ繋げないとちょっと聞こえないかな。

(*2)+8~+10セントにすれば、だいたい442Hzになりますよ。
スポンサーサイト


吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
21:03  |  部活動  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.25 (Sat)

小学校バンドフェスティバル・マーチングコンテスト 北海道支部 結果

第29回(2010)北海道小学校バンドフェスティバル 結果
第26回(2010)北海道マーチングコンテスト 結果


開催日:2010年9月25日


北海道小学校バンドフェスティバル

 銅  1 白糠町立白糠小学校

 銅  2 岩見沢市立南小学校

 銅  3 大空町立女満別小学校

 銀  4 北見市立留辺蘂小学校

 金・代表  5 北見市立中央小学校

 金  6 湧別町立中湧別小学校

 銀  7 網走市立網走小学校

 金・代表  8 紋別市立紋別小学校

 銅  9 旭川市立忠和小学校

 銀  10 芽室町立芽室小学校

 銀  11 深川市立深川小学校

 金  12 美幌☆東陽小学校合同バンド

 銀  13 旭川市立東五条小学校

 銀  14 旭川市立永山西小学校

 銅  15 旭川市立永山小学校

 金  16 遠軽小・東小合同バンド

 銀  17 別海町立別海中央小学校

 銀  18 苫小牧市立苫小牧東小学校

 金・代表  19 千歳市立北栄小学校

 銀  20 札幌市立平岸小学校

 銀  21 釧路市立湖畔小学校




北海道マーチングコンテスト

中学の部

 銀  1 遠軽町立南中学校

 銅  2 佐呂間町立佐呂間中学校

 銀  3 湧別町立上湧別中学校

 金・代表  4 遠軽町立遠軽中学校

 金  5 北見市立北中学校

 銀  6 釧路市立鳥取中学校

 金  7 苫小牧市立和光中学校

 銀  8 苫小牧市立明倫中学校



高校以上の部

 銅  1 北海道札幌南高等学校

 金・代表  2 北海道遠軽高等学校

 銀  3 北海道釧路北陽高等学校

 銀  4 北海道北見柏陽高等学校



第29回(2010)全日本小学校バンドフェスティバル・第23回(2010)全日本マーチングコンテスト 全国大会

全日本小学校バンドフェスティバル・全日本マーチングコンテスト関連記事一覧へ


吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
21:16  |  小フェス・マーコン  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.23 (Thu)

今週の部活動にっき20100923

本日の練習メニューは、

午前:個人、パート練
午後:合奏

パート練では、アンコンの曲を練習しているところもありました。

金管は今年は2チームエントリする予定。
どちらがA(エース)チームというわけではなく、なるべく等分に分けたということです。

ま、パートリーダが多いほうを仮にAチームとしますと、
Aチームは金8グレード3の曲をやります。
Bチームは金7グレード4の曲をやります。(金8にするかもしれないけれど)

Aチームはざっくり最後まで通るレベル
Bチームは約半分というところでしょうか。

昨年はまだ楽譜も配ってなかったし、2チームのうち1チームは結局エントリしなかったのですが、
今年は2チーム共金賞が目標みたいです。
ま~そう簡単にはいかんけどね・・・。


合奏前に、ロングトーンを聴いていて気になった点(音のリリースについて)伝えておきました。
1年生はともかく、2年生にはいいかげん音の形に気を配ってほしいものです・・・

言われたらできるのに、言われないとすぐやらなくなる。
中学生には根気よく何度も言ってあげないといけないのよね。



ところで、
音とり練習のために自分用キーボードを買おうと思ってます。
買って生徒も使えるように学校においておこうかと。

もちろん学校にもあるのですが、もっと手軽にもち歩けるものでいいかなと思ってます。
今候補に挙がっているのは

CASIO 電子キーボード32ミニミニ鍵盤 GZ-5

CASIO 電子キーボード32ミニ鍵盤 SA-46

CASIO 電子キーボード49鍵盤 CTK-240

それぞれいいところがあって、ちょっと悩んでます。
GZ-5は、MIDI端子は付いているが、低い音がでない(MIDI出力時のみオクターブ調整可能)そもそもMIDI入力用キーボードという位置づけだからな。
SA-46は、MIDI端子がなく、音色を低音ブラスにすれば低い音がでるが、スピーカの出力がちょっと小さい。
CTK-240は、MIDI端子がなく、音色を低音ブラスにすれば低い音がでるし、スピーカの出力が大きい。でもサイズも大きい。

MIDI端子は今すぐ使うというわけではないのですが、将来的には・・・ということです。
やっぱ、SA-46かCTK-240かな?



吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
21:41  |  部活動  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.20 (Mon)

北条高校吹奏楽部 第11回定期演奏会

北条高等学校吹奏楽部 第11回定期演奏会 響


北条高校吹奏楽部の定期演奏会へ行ってきました。

こちらも先週行った伊予高と同じくおじゃまするのは昨年に続いて2度目になります。


恒例(?)のブラックライト音楽劇から始まり、1部はポップスステージ。

第三の男やStand Alone(NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」より)など、

時々高年齢に配慮した選曲でありながら、アニメメドレーや

HOJO・ベスト・ヒット・メドレーなど軽快で楽しいステージでした。


15分の休憩を挟んで、2部はクラシックステージ。

コーラル・ブルー、汐風のマーチ、カルミナ・ブラーナときて

最後にローマの松。

鬼のような選曲だな、とおもいつつ、それを簡単に吹きこなす部員達。

四国大会で(多少不可解な?)銀賞だったりして少し心配しましたが

個々の音を聴いているとよく吹けている(=よく練習している)ことがわかります。

大会時よりは技術的には劣る(しょーがないけどね)気もしますが、

非常に音楽的というか、表現的な演奏だったと思います。


アンコール一番最後の「微笑みの国」セレクションは感動でした。


吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
16:15  |  演奏会  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.20 (Mon)

今週の部活動にっき20100919

本日の練習は午前中のみ。

11:15から合奏ということで、すこし時間があったので

2~3ケ月ぶりに子供達といっしょに楽器を吹いてきました。


いやぁ~キツイです。

昔はこんなのを一日中吹いてたんですね。

おじさんにはこたえます。

(実は、2~3ケ月ぶり以前に20年間のブランクがあります。)


おまけに、1時間半ほど遅れて行ったので、

生徒達はもう曲の練習をしていたのですが、

「ここが分からないのですが、吹いてみてください。」

なんて言ってきます。

(ウォーミングアップも何もしてないんだけど・・・)

と、思いつつも、積極的に質問されるとかわいくて逆らえません。


それほど難しい楽譜というわけではないのですが、

弱起と強起のフレーズが入れ替わりでてくるので、

フレーズの入りのタイミングが取りにくいのかな?

本人達曰く、

「なんとなく変な感じなんです」

と。

ん~、そのへんな感じで正解!

そんな音楽なんです。

こことここは、他のパートとの掛け合いで、

みんなで演奏するともっと変な感じになるけど、それであってるんだよ。

と、説明しつつ(高い音がFまでしかなくてよかった~)

と思ったりしながら(内心必死で)吹いて聴かせます。


頭の上にハテナマークが半分残った状態ながらも

耳で覚えた楽譜をなんとなくものにしたようです。


休符をきちんと音楽の一部として感じること。

裏拍をもっと意識すること。

この2点ができてくると、飛躍的に譜読みがよくなるとおもうのですが

・・・まだまだですな。



吹奏楽ランキング参加中です。よろしければポチッっと

カテゴリ内その他の記事♪
00:14  |  部活動  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。